内出血について

美容鍼を行うにあたって、必ず説明を加えなくてはならないことがあります。

それは、内出血(青アザ)です。

 

 

美容鍼は皮膚に鍼を刺してわざと皮下組織に傷をつけ、血行を促します。

その結果、細胞の代謝が活性化し、美肌効果を得ることができます。

 

 

ただ、その際に内出血を伴うことがあります。

ヒジやヒザをぶつけた時にできる、あの青アザです。

 

 

顔に限らず、お体でも鍼を刺した際に内出血が起こることは珍しいことではありません。

体質や体調により、内出血ができやすかったりできにくかったりします。

大きさは人にもよりますが、大体指先くらいの大きさです。

 

 

お体で経験があると思いますが、ほとんどの青アザは1〜2週間で完全に消えていきます。

お顔に青アザができるとびっくりしてしまいますが、必ず消えるものですので

ご安心ください。

 

 

内出血ができてしまった場合には、施術の翌日以降はなるべく全身の血行をよくするように

心がけてください。

軽い運動、入浴などがおすすめです。

また、再度お顔に鍼を入れることによって内出血の治りは早くなり、繰り返すうちに

内出血のできにくいお肌に変わっていきます。

 

 

内出血をする可能性があること・・・これだけは美容鍼を受けるにあたって、必ず

念頭に置いておいてください。

 

 

※施術前に、内出血に関する文書をお読みいただき、同意書にご署名をお願いしております。